鶴見区の医療機関一覧

y-tsurumi

総合病院よりクリニックが多めの鶴見区

それぞれのエリアによって、医療機関の種類に特徴があります。
この横浜市鶴見区では、病床数が多い総合病院より、個人のクリニックが多めという傾向があります。
地域の人との交流を楽しみながら、地域医療に貢献したい、ある程度決まった就業時間や日数の中で働きたいという看護師に向いているでしょう。

このエリアにおける大規模な総合病院と言えば、済生会横浜市東部病院が筆頭に挙げられます。
ここでは、脳神経外科やリウマチ科、リハビリテーション科などたくさんの診療科がありますので、看護師としてもいろいろな分野で能力を発揮することができるのが魅力です。
夜勤や休日出勤などもあって忙しい毎日になるかもしれませんが、充実した仕事をすることができるでしょう。

専門的な診療を行っている小規模な医療機関も多い

総合病院でなくても、高度な診療を行っているクリニックなどもあり、先端医療に触れたいという看護師にぴったりです。
たとえば、鶴見駅から降りてすぐのところにある早川医院では、複数の診療科に加えて心臓血管外科を設置しています。
この高度な医療技術が求められる心臓血管外科は早苗クリニックでも設けていて、専門的な医療ニーズに応えることができます。

能力が問われる高度な医療サービスに携わりたいものの、大きな総合病院だと勤務体系が複雑になって難しいと感じる看護師は少なくありません。
しかし、こうした比較的小規模な病院やクリニックであれば、自分の条件に適った働き方ができますし、貴重な経験を積むことができますので、一石二鳥と言えるでしょう。

地域に根ざした医療を実現することができますので、いろいろな患者さんと知り合い、交流の機会を持てるのも魅力の1つです。
患者さんの喜ぶ笑顔が見られるのは、看護師としてとてもやりがいを感じる瞬間となります。

子どもたちのために働く

横浜市港北区では、小児科を始めとする子どもたちを対象とした医療機関もいくつも存在しています。
その中でも、横浜リハビリテーションクリニックは、専門性の高い診療を行っています。児童精神科を設けていて、思春期の子どもを中心に、子どもたちの精神面でのフォローを行っているのです。
専門性の高い診療科ですので、看護師としてもこうしたところで働くのは、とてもやりがいを感じられるでしょう。

また、渡部クリニックのように、小児科として小児アレルギーに取り組んでいるクリニックもあります。
子どもにとってアレルギーはとても大変な病気ですので、医療のプロとして支えを与えられるのは、充実感を与えるものとなります。

このように、横浜市港北区では比較的小規模な病院やクリニックが多いという傾向にありますので、こうした点を見て求人をチェックしてみると良いでしょう。