中区の医療機関一覧

y-naka

救急で能力と経験を活かして働く

看護師の仕事は、働く部署によってその忙しさや求められるものが違います。
中でも、救急科の仕事は素早い対応力が求められますし、かなり忙しくなるときもありますので、看護師としての能力や経験、体力をフルに使って働くところだと言えるでしょう。
大変ではありますが、やりがいを感じられる仕事です。

横浜市中区には複数の救急対応を行っている医療機関がありますので、この分野での仕事を探している人には好都合です。
たとえば、みなと赤十字病院はかなり大きな規模の総合病院で、救急の受け入れ能力も高い状態を保っています。
このエリアの医療の中心的な医療機関とも言えますので、フルに働きたいという看護師にぴったりです。

また、横浜中央病院も救急科が設けられています。
チーム医療によって、患者さんに最高の治療を提供していますので、看護師としてのスキルを活かした仕事を楽しめるでしょう。

専門性の高い外来診療に携わる

それぞれの病院で、いわゆる得意分野というものがありますが、横浜市中区には専門外来を設け、特殊性のある診療を行っている医療機関がいくつもあります。
たとえば、本牧脳神経外科クリニックでは、頭痛やめまい外来を設けていて、現代人に多い悩みの診療を行っています。
最新型のMRIを導入して、正確で患者さんに負担の少ない検査を行っているのも特徴となっています。
脳神経外科の専門医が対応していますので、貴重な体験を積むことができるでしょう。

また、関内駅前内科クリニックでは、糖尿病などの生活習慣病にスポットを当てて、地域住民の健康を守っています。
禁煙外来を設けるなどして、他方面からのサポートを行っているのも特徴です。
こうした面から地域医療に貢献できるので、看護師としてもやりがいを感じられる職場となるでしょう。

麻酔科系の医療機関で仕事を探すという手も

様々な痛みに対応した診療を行うペインクリニックが、日本各地で増えています。
この横浜市中区エリアでも、何軒かの医療機関がペインクリニックを開設していますので、興味ある看護師は求人をチェックしてみると良いでしょう。

たとえば、横浜馬車道皮膚科・ペインクリニックでは、美容外科などと共にペインクリニックを設けています。
アクセスも良く、人通りがあるエリアなので、働く環境としても優れています。

桜木町整形外科・ペインクリニックでも、痛みをもたらさす様々な原因に対応していて、専門性の高い診療を行っています。
痛みに対する新しいアプローチの仕方を見ることができますので、看護師としても勉強になり、スキルを磨く機会となるでしょう。
新しい分野に挑戦することで、新鮮な気持ちで働けるというのも魅力ですね。