南区の医療機関一覧

y-minami

看護師のスキルを最大限発揮できる職場で働く

看護師として働くのであれば、最大限自分のスキルや経験を活用したいと思うものです。
いろいろな活躍の場がありますが、その中でも救急科は、求められる知識や対応能力、体力などの面で際立っています。

横浜市南区には、いくつもの救急科を設けている医療機関が存在しますので、こうした病院で自分の能力をフルに活用して働いてみるのも良いでしょう。
その代表例として挙げられるのが、横浜市立大学附属市民総合医療センターです。
たくさんの診療科とともに、救急科がありますので、事故や病気による様々な症例に対応できるのが強みです。
救急搬送受け入れ件数も多いので、地域医療の重要な拠点となっています。

また、佐藤病院も複数の診療科目と併せて救急科を設けています。
最寄りの駅から歩いて2分ほどの近距離と、アクセス環境にも恵まれていますので、仕事を続けていくのにも良い環境が整っています。

人工透析を専門に行う医療機関が複数ある

通常の病院と違って、人工透析を専門に行う医療機関も存在します。
慣れ親しんだ患者さんといつも向き合うことができますし、慣れた作業を毎日行うことができますので、働きやすい環境と言えるでしょう。

横浜市南区には、吉野町第一クリニックや弘明寺腎クリニック、井土ケ谷腎クリニックといった、人工透析専門のクリニックが複数ありますので、この分野で働きたい看護師にはうれしいエリアです。
どのクリニックも、駅から近いところにありますので、通勤も楽というメリットがあります。

夜間透析サービスや休日に人工透析を行えるサービスも提供しているところがほとんどですので、夜間手当や休日手当をもらってしっかりとお金を稼げるというのも1つのポイントです。
自分の希望する条件に適うところがないか、求人情報をチェックしてみると良いでしょう。

痛みに対応するペインクリニックで働く

原因不明の痛みで悩まされる患者さんや、治療が成功しているのになぜか痛みだけが残るという患者さんもいます。
そんな時に大きな助けとなるのがペインクリニックです。
麻酔科医が専門的な知識と技術を駆使して、痛みをなくしていくのです。

つらい痛みに苦しむ患者さんがこうした苦しみから解放されていく様子を見られるのは、看護師としてもうれしいことですし、高い技術に触れることで医療スキルを伸ばしていくこともできます。
横浜市南区エリアでは、中村クリニックなどにペインクリニック専門医がいて、この分野でのレベルの高い治療を行っています。

このように、横浜市南区では、特色ある医療機関がいくつもあり、看護師としていろいろな角度からスキルを伸ばしていける環境が整っています。