熱中症対策

necchusyo

家の中にいても起こることがある熱中症

熱中症というと、夏の暑い時期、スポーツをしたり激しい労働をしたりして、外にいると起こるものというイメージが強くあります。
しかし、実際には家の中にいても熱中症が起こったり進行したりすることがありますので、十分な注意が必要です。
熱中症に関する正しい知識と予防策を知って、自分の体を守るようにしましょう。

家の中で熱中症を起こしてしまうケースとしては、冷房を使わないという環境が影響することが多くあります。
冷房が苦手で自分の家ではつけないという人は注意しましょう。
夜中寝ている最中に熱中症の症状が急に出ることがありますので、温度管理には気をつけたいものです。

また、暑い時期は水を飲む代わりにビールなどのアルコール飲料で喉をうるおす、という人も多いはずです。
また、水ではなくてお茶を常に飲んでいる人も多いことでしょう。
しかし、アルコールやお茶では水分補給をすることができず、逆に利尿効果を増してしまうことにつながりますので、熱中症を引き起こしかねません。
そのため、意識して水を飲むという習慣を持つことが大事です。

正しい水分補給の仕方を学ぶ

熱中症は体内の水分が不足することが主な要因です。
そのため、適切な水分補給が欠かせません。
しかし、単に水をがぶ飲みすれば良いというわけではなく、正しい水分補給をしないと意味がなく、時に逆効果になってしまうことさえあります。

1つのポイントは塩分を同時に摂るということです。
体内の水分は汗になって失われていきますが、この時塩分も同時に出て行きます。
体の細胞の機能を維持するために塩分はとても大事な役割を果たしていますから、水分だけ摂って塩分を補給しないと、間接的に熱中症を起こすきっかけにもなります。

また、塩分と同時に糖を摂ることも重要です。
糖分を含む水を飲むと、腸の中で水分が吸収されやすくなりますので、熱中症対策に有効です。
このように、水分補給には、単なる水ではなく塩分と糖分を加えることがカギとなります。

熱中症を引き起こす環境を避け適切な水分補給を

このように、熱中症にならないためには、まず熱中症を引き起こしかねない環境を避けることが大事です。
太陽が照るところを避け日陰に入る、室温を下げるために冷房をつけるなどして、体から水分が失われないような工夫をします。

そして、意識して適切な水分補給をすることです。
スポーツ飲料などの、糖電解質飲料を飲むようにして、速やかに水分が吸収されるものを使用します。
こうした飲み物が手に入らないときは、もちろんミネラルウォーターでも有効ですが、できるだけ塩分と糖分の摂取を同時に行えるように意識すると良いでしょう。